歯の悩みに役立つコラムを発信する実体験ブログ【虫歯野郎】

抜歯後の血餅はいつまで取れる心配をすれば良いの?

抜歯後の血餅はいつまで取れる心配をすれば良いの?

歯を抜いた後に血餅が取れてドライソケットにならないか心配ですよね。

今回は、「抜歯後の血餅はいつまで取れる心配をすれば良いのか」、大人になってから8本の抜歯を経験した筆者が、血餅に気をつける期間について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

血餅(けっぺい)とは?

血餅(けっぺい)とは、抜歯後にできる血の塊のことです。抜歯した穴に血がたまり、かさぶたの役割を果たし傷口が治る間、歯茎を保護・治癒します。

血がうまく固まらなかったり、取れてしまうと骨が露出してしまい、ドライソケットと呼ばれる症状を引き起こします。ドライソケットって何?という方は、以下記事をご参照ください!

血餅はいつまで取れる心配をすればいいの?

血餅が取れる心配をする期間は「1週間程度」です。

抜歯当日に血が赤黒く固まり血餅ができます。その後3~5日にかけて白いブヨブヨとした物質に変化し、7~10日で徐々に収縮して自然となくなります。この間は血餅が取れないように、大切に守りましょう。

血餅はいつまで取れる心配をすればいいの?

血餅が取れたらどうなるの?

抜歯後に血餅が取れてしまうと「ドライソケット」になる可能性があります。通常は1週間もすれば痛みは治まりますが、ドライソケットになると逆に痛みが増していき2週間~1ヶ月は痛みが続きます。

血餅が取れたら、必ずドライソケットになるの?

抜歯後に血餅が出来なかったり、取れてしまったからといって、必ずしもドライソケットになる訳ではありません。血餅が取れてしまっても痛みが無ければドライソケットではありませんでの安心してください。

ですが、傷口付近を舌で触ったり、歯磨きの際に歯ブラシが当たらないように気をつけましょう。

血餅が取れてしまう原因とNG行動

血餅が取れてしまう原因とNG行動

抜歯後は血餅が取れてしまわないように、以下の行動に気をつけましょう。

  • 当日の入浴(親知らずの場合、当日シャワーもNG)
  • 飲酒・喫煙・運動
  • 当日に頻繁に口をゆすぐ
  • ブクブクと激しいうがい
  • 舌や指でいじる
  • ストローで飲む
  • 麺類をすする
  • 舌打ち
  • 唾をおもいっきり吐く
  • 激しく鼻をかむ

歯を抜いてから1週間程度は、これらの行動を控えるようにしましょう。とくに抜歯当日は入浴など血行がよくなる行為を控え、親知らずの場合は当日のシャワーもできるだけ控えた方が良いです。

当日は血の味が気になりますが、口を頻繁にゆすいでしまうと、血餅が出来なかったり、洗い流されてしまうため、できるだけ口をゆすぐのを控えて血はティッシュにそっと吐き出すようにしましょう。

血餅は赤黒い?白い?【写真・画像あり】

抜歯当日は血が赤黒くゼリー状に固まって血餅ができます。1週間後には血餅は白く変化します。「血餅が白い・・・!」と驚かれるかもしれませんが、傷が順調に回復している証拠なので、触ったりせず、そっとしておきましょう。

以下の「画像を表示する」をクリック(タップ)すると、白い血餅の状態が見れます。※あまり気持ちのよい写真ではないので、見たい方だけお願いします。

血餅の写真 白い 赤黒い

上記のように、抜歯当日は赤黒かった血餅が、白い物質へと変化しています。

抜歯後は血餅に食べかすが付いても取らないで!

抜歯後は血餅に食べかすが付いても取らないで!

抜歯後は穴や糸の周りに食べかすが付きやすくなりますが、無理に取ろうとすると糸が解けたり血餅が取れてしまい、傷の治りが遅くなります。食べかすは放っておけば自然と取れるので、舌で触ったり、歯ブラシで無理に取ろうとしないでください。

その白いものは「食べかす」ではなく、血餅かも!

血餅は治癒する過程で白く変化していきます。一見食べかすに見える白いものは「血餅」かもしれません!絶対に触ったり、ブクブクとうがいをしたりしないでください!誤って血餅が取れてしまうとドライソケットになる恐れがあります。

私も食べかすが詰まってるのかと思って診てもらったら「血餅(かさぶた)」だった、という経験があったので、気になっても自分では触らずに、担当医に診てもらいましょう。

まとめ

歯を抜いた後は血餅ができ、傷が治る間、歯茎を守ってくれます!ドライソケットになると激しい痛みが伴うので、抜歯後1週間は血餅が取れないように、気をつけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。皆さまの歯科治療が無事に終えれますように。

※掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。ユーザー様に、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当ブログまでご連絡ください。

ブックマーク&シェア ありがとうございます!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

カテゴリー

新着の記事