歯の悩みに役立つコラムを発信する実体験ブログ【虫歯野郎】

大人のための虫歯予防【保存版】

大人のための虫歯予防【保存版】

虫歯治療はやりたくないですよね・・・。

大人の約9割以上に虫歯があり、その数は年々増加していることが厚生労働省の調査で分かっています。今回は『自宅や歯医者でできる虫歯予防法』を紹介します。

「虫歯が多い、歯を磨いてるのに虫歯ができる、虫歯をつくりたくない!」・・・そんな方は、是非チェックして今日から実践してみてください。毎日のケアで虫歯は予防できます!

虫歯の原因~なぜ虫歯ができるの?~

虫歯の原因~なぜ虫歯ができるの?~

歯の表面についた歯垢(プラーク)には、たくさんの虫歯菌(ミュータンス菌)が住みついています。虫歯菌は食事したときの糖分をエサにして酸を出し、歯のエナメル質を溶かしていきます。

唾液には酸を中和させたり、エナメル質を再石灰化する作用があるのですが、唾液による中和や再石灰化が追いつかず、歯が脱灰され続けると虫歯になります

虫歯予防のためには、歯の脱灰回数を減らす、虫歯の原因となるプラークを除去するなど、口の中を清潔に保つことが大切です。

⇒ 虫歯の原因については「虫歯の原因とは?歯を磨いてるのになぜ虫歯になるの?」で詳しく紹介しています。

虫歯予防【歯磨き編】

虫歯予防【歯磨き編】

食後の歯磨き

食後は細菌が糖分をエサにして酸を出すため、歯の表面は酸性となり、エナメル質が溶かされます。そのため、1日3回食べたら「歯磨き」をする習慣をつけ、細菌とプラークを取り除くことが大切です。

“食後30分後” に歯磨きをする

飲食直後は歯のエナメル質が溶けやすくなっており、食後すぐに歯磨きしてしまうと歯を傷つけてしまいます。もとの中性に戻るまでには15~30分かかるため、食後は30分あけて歯を磨くようにしましょう。

「食後すぐに磨いたほうが良い」「食後すぐは良くない」など、歯科医によっても意見は分かれており、一概にどちらが正しいかは断言できません。※筆者かかりつけの歯科医では、食後30分程度あけてからの歯磨きを推奨していました。

すぐにプラークを取り除くことも大事なため、食べたらお茶や水で口をすすぎ、食べカスを残さないようにして、食後30分程度あけて歯磨きをしましょう。

“就寝前” の歯磨きが一番大事

就寝前の歯磨きが一番大事です。寝ているときは唾液の量が減り、虫歯菌が活発になるため、最も虫歯になりやすい時間帯です。朝は口臭予防、昼はエチケット、夜は虫歯予防を意識することで虫歯予防につながります。

正しく歯を磨く

虫歯を予防するには、歯磨きでプラークをしっかりと取り除くことが大切です。1か所を20回以上、1本1本丁寧に歯を磨くようにしましょう。

正しい歯の磨き方

正しい歯みがきは以下3つのポイントが大切です。

①歯ブラシを歯の面にあてる
ハブラシの毛先を歯と歯ぐきの間に、きちんとあてるようにしましょう。

②小刻みに動かす
5~10mmの幅を目安に小刻みに動かし、1本1本丁寧に磨きましょう。ゴシゴシと幅を大きく磨くと細部の汚れが落ちません。

③軽くあてる
150g~200g程度の力で軽く歯ブラシをあてましょう。強い力でゴシゴシと磨くと歯ぐきを傷めてしまいます。

デンタルフロスで磨き残しを減らす

歯ブラシだけでは60%程度しか歯の汚れを落とすことができません。虫歯の約9割は歯と歯の隙間からできるため、デンタルフロスを使って歯の隙間の汚れを落とすことが虫歯予防に効果的です。

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ

研磨剤なし、高濃度フッ素の歯磨き粉を使う

市販されている歯磨き粉には研磨剤が含まれていますが、研磨剤は歯を傷つけ、知覚過敏や虫歯の原因となります。そのため、研磨剤なしでエナメル質の再石灰化に効果のある高濃度フッ素の歯磨き粉を使うことが虫歯予防に大切です。

研磨剤なし、高濃度フッ素の歯磨き粉なら「コンクール ジェルコートF」がおすすめ!筆者もかかりつけの歯医者からすすめられ愛用しています。

ですが、コンクール ジェルコートFには歯を白くする効果はないため、毎日使い続けると黄ばんできます。普段は「APAGARD(アパガード) プレミオ」を使い、定期的にコンクール ジェルコートFでフッ素コーティングしています。

フッ素洗口で虫歯予防

虫歯ができやすい人は1日1回のフッ素洗口が虫歯予防に効果的です。歯科専売の「フッ化ナトリウム洗口液」はそのままゆすぐことができるのでおすすめです。

しかし、フッ素洗口は、歯科医による管理・処方のもと、毎日続ける必要があるため、自宅で行う虫歯予防としては、少し難しいかもしれません。

洗口液やマウスウォッシュで虫歯予防

虫歯ができやすい人は1日1回のマウスウォッシュが虫歯予防に効果的です。寝る前にマウスウォッシュをすることで、寝ているときの細菌の増殖を抑えることができ、虫歯・歯周病の予防に効果的です。

歯科専売の「コンクールF」は歯科医師も推奨し、愛用者が多くおすすめです。※筆者もかかりつけの歯医者からすすめられて愛用しています。

歯磨き粉の量は多め、ゆすぎは少なめ

フッ素には歯のエナメル質を再石灰化する作用があります。フッ素配合の歯磨き粉を使い、歯を磨いた後は1~2回軽くゆすぎ、味が少し残る程度が効果的です。

虫歯予防【食事編】

虫歯予防【食事編】

“1日3食” の食事で健康的な歯を保つ

食事のたびに細菌が酸を出し、歯を溶かします。間食が多く唾液による中性や再石灰化が追いつかないと、虫歯になってしまいます。虫歯のない健康的な歯を維持するためには、間食をしないことが重要です。

食事回数は『1日3食+間食2回まで』ならセーフ。食後は歯が溶けやすい状態になるため、だらだらと食事をすると歯の脱灰が続くため、虫歯の原因となります。

糖分の摂取を控える

虫歯予防には、アイスやジュースなど糖分の入ったものを摂らないことが一番です。細菌は糖分をエサに酸を出し、歯を溶かすため、間食で糖分を摂ると虫歯になってしまいます。

とくにデスクワークだと間食にチョコをつまみながら仕事をする方も多く、虫歯の原因となるため、そんな時は100%キシリトールガムを噛みましょう。

よく噛んで食べる

唾液には殺菌効果があり、食事で酸性になった状態を中和したり、脱灰した歯を再石灰化する作用があります。よく噛んで唾液をいっぱい出すことで虫歯予防につながります。

100%キシリトールガムを噛む

キシリトールには虫歯の原因となるミュータンス菌の活動を弱める作用があります。また、ガムを噛んで唾液を出すことで口内の殺菌作用も得られるため、キシリトールガムを噛むことは虫歯予防に効果的です。

キシリトールガムを選ぶときには、以下2つのポイントに注意してください。

  • キシリトール以外の甘味料(糖分)が含まれていないかどうか
  • キシリトール100%のガムを選ぶ

キシリトールが含まれていても、キシリトール以外の糖類が含まれていては意味がありません。必ずシュガーレス(糖類ゼロ)の商品を選びましょう。

また、パッケージにキシリトール配合と書かれていても、100%ではないことがあります。50%未満では意味がないため、必ずキシリトール100%のガムを選ぶようにしてください。

100%キシリトールガムは歯科医師が推奨する「POs-Ca」がおすすめです。市販のものはキシリトール100%と書かれていても微量に糖分が入っていることが多いのですが、POs-Caは糖分など歯に悪い成分は入っていません。※かかりつけの歯医者ですすめられ、私も愛用しています。

歯医者で行う虫歯予防

歯医者で行う虫歯予防

唾液検査で “虫歯菌の数” を調べる

虫歯の原因であるミュータンス菌の数は減らすことができません。虫歯になりやすい人は、3歳までに親から感染し細菌が住みついています。ミュータンス菌が多いか少ないかは歯医者で行う「唾液検査」で調べられます

虫歯になりやすい、歯を磨いているのに虫歯が多いなど、虫歯で悩んでいる方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

詰め物をセラミックにする

銀歯やプラスチックは隙間ができやすく、細菌が入り込み虫歯ができやすくなります。保険適用外となり少し高額ですが、セラミックにすることで虫歯予防につながります。セラミックは劣化が少なく、歯の密着度も高いので隙間ができません。汚れも付きにくい素材なため、歯を清潔に保てます。

虫歯になる前に親知らずを抜く

横向きや斜めに生えている親知らずは、磨きにくく虫歯になりやすいです。親知らずが虫歯になると隣の歯も虫歯になりやすくなるため、虫歯予防のために親知らずを抜歯して磨きやすい環境を作ってあげることが大切です。

親知らず抜歯の適齢期は高校生~20代前半といわれ、それを超えると負担が大きくなるため、若いうちに抜くことをおすすめします。筆者は28歳で親知らずを左右上下同時抜歯しました!親知らずを抜くかどうか迷っている方は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:2泊3日の親知らず抜歯手術!4本+2本を同時抜歯した体験談

矯正治療をする

歯並びが悪く凹凸があると汚れがたまり、虫歯になりやすくなります。歯並びを治すことでブラッシングしやすくなり、自浄作用や唾液の流れが促進され、虫歯のリスクが下がります。

定期的にクリーニングする

歯垢(プラーク)は放っておくと約48時間で歯石になります。歯石ができるとプラークが付着しやすくなるため虫歯になります。歯石はブラッシングでは取れないため、定期的にクリーニングに通い歯石を除去することが虫歯予防には大切です。

3DSで虫歯菌を除菌する

3DSとはDental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略称であり、マウスピースを使って薬を歯に浸透させる方法です。

まず歯医者で歯型をとりマウスピースを作ってもらい、歯磨き後にマウスピースに虫歯菌を除菌する薬や、歯のミネラルを補給する薬を入れて、長時間薬を歯に浸透させます。3DSは虫歯になりやすい人に効果的な虫歯予防法です。

予防プロバイオティクス【最新】

予防プロバイオティクスとは、善玉菌(プロバイオティクス)を増やすことで、口の中に住みついた虫歯菌の住みかをうばっていく方法です。歯磨きをして虫歯菌が減ったときに、舐めるのが効果的です。

ライオン Systema オーラルヘルスタブレット」は市販でも購入可能です。

虫歯予防にいい食べ物

虫歯予防にいい食べ物

虫歯を作らないためには糖分の入った飲食をしないことが一番重要であり、それと同時にフッ素やキシリトール、食物繊維やカルシウム、ビタミンなど、丈夫な歯をつくる栄養を摂ることが大切です。

▼歯にいい食べ物

  • 野菜(レタス・セロリ・カリフラワー)
  • 魚やきのこ類
  • ミルクやチーズなどの乳製品
  • みかんやオレンジなどの柑橘類
  • さくらんぼ
  • リンゴ
  • イチゴ
  • パイナップル
  • ごま
  • ブロッコリー
  • セロリ
  • 生姜
  • ナッツ類(アーモンド)
  • 緑茶・煎茶
  • ブラックコーヒー

野菜(レタス・セロリ・カリフラワー)

サラダは噛むたびに歯の表面をキレイしてくれます。また自然の野菜にはフッ素が微量に含まれており歯に優しく、無糖なので間食にもおすすめです。

※筆者かかりつけの歯医者の先生は、夜にお腹がすいて我慢できない時には、レタスを食べているそうです。

魚やきのこ類

魚やきのこ類にはカルシウムやビタミンDなど、歯をつくる材料が含まれています。魚やきのこ類を食べることで、歯が丈夫になります

ミルクやチーズなどの乳製品

ミルクやチーズなどの乳製品にはカルシウムが豊富で、丈夫な歯をつくります。カルシウムには口内の病気を予防する効果もあり、ヨーロッパでは毎日の食事に乳製品を取り入れています。

みかんやオレンジなどの柑橘類

みかんやオレンジなどの柑橘類には、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは歯にいい栄養として知られており、歯茎の出血を抑え、健康的な口内環境をつくるのに欠かせません。

ただ、果物は食べ過ぎてしまうと歯のエナメル質を柔らかくしてしまうため、1日1個食事と一緒に食べるようにしましょう。

さくらんぼ

さくらんぼにはフッ素が多く含まれており、歯のエナメル質を強くしてくれます。エナメル質が丈夫になると、細菌やプラークが付着しにくくなるため、虫歯予防につながります。

リンゴ

エナメル質を強くするにはフッ素に加え、ビタミンAが欠かせません。リンゴにはビタミンAが豊富に含まれており、口内の殺菌・抗炎症作用やプラークの付着を抑える作用があります。

イチゴ

イチゴの甘味成分はキシリトールでできています。イチゴにはリンゴ酸も含まれており、歯の黄ばみや汚れを除去する効果も期待できます。ただし、リンゴには糖分が含まれているため、過信して歯を磨かないと虫歯になるので気をつけましょう。

パイナップル

パイナップルにはパパインが豊富に含まれており、このパパインはたんぱく質を分解する作用があり、歯にも好影響を与えると言われています。ビタミン類も豊富で、栄養面においても、とても優秀な果物です。

ごま

ごまに多く含まれるセサミンには、老化の防止や活性酵素を抑える作用があります。さらにビタミン、カルシウム、鉄分、リンなど、健康的な歯をつくるのに役立つ栄養が豊富に含まれています。

ブロッコリー

ブロッコリーには歯をつくるのに大事な「鉄分」が豊富に含まれています。生のブロッコリーには、レモンの2倍のビタミンCが含まれており、歯肉の出血や炎症を抑えるなど、歯周病予防に効果があると言われています。

セロリ

セロリは繊維質が豊富で、噛みごたえがあるため、よく噛むことで歯が丈夫になります。また唾液の分泌を促す効果もあり細菌やプラークの沈着を予防します。他にも、大根、ニンジン、ごぼうなども繊維質が豊富です。

生姜

生姜にはショウガオールという成分が含まれ、口の中の抗炎症効果や抗酸化作用、消炎・鎮痛効果、抗腫瘍効果があると言われています。

ナッツ類(アーモンド)

ナッツ類はミネラル、ビタミン、たんぱく質、食物繊維が豊富です。アーモンドには骨の成長を促す亜鉛やマンガン、歯周病菌の増殖を防いでくれるビタミンEなど嬉しい栄養が豊富で、歯にいい食材として知られています。

緑茶・煎茶

緑茶にはエナメル質を強くするフッ素や、歯周病予防に効果的なカテキンが含まれています。ミュータンス菌の増殖やプラークの沈着を抑えるなど、緑茶は虫歯予防に効果的な飲み物として知られています。

ブラックコーヒー

コーヒーに含まれるポリフェノールには、虫歯の原因となる細菌バイオフィルムを分解する作用があり、虫歯予防に効果的という研究が発表されました。

ただし、飲みすぎるとコーヒーの酸によって歯が溶かされたり、沈着汚れの原因となるため1日2杯までに抑えましょう。

※リオデジャネイロ連邦大学の研究

食べ物の注意点

ここで紹介した食材や果物には、歯を健康にする栄養が含まれていますが、一方で糖分も含まれているため、食べ過ぎると虫歯の原因にもなります。食べすぎには注意して、食べた後はしっかり歯を磨きましょう。

まとめ

ここでは、「自宅や歯医者でできる虫歯予防法」について紹介しました。

食事をする度に歯が脱灰し、唾液による中和や再石灰化が追いつかないと虫歯になります。虫歯予防のためには、間食を減らす、糖分の入った食事を控えることが重要です。毎日のケアで虫歯は予防できるため、今日からここで紹介した虫歯予防法を実践してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

※掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。ユーザー様に、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当ブログまでご連絡ください。

ブックマーク&シェア ありがとうございます!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

カテゴリー

新着の記事